たんぱく質不足は妊娠力を低下させる

食事中のたんぱく質が少なくなると、子宮内膜の増殖や性欲の増進が妨げられる。

そんな記事が出ていました。
現代人ではたんぱく質不足の人も多いそうです。
そもそもたんぱく質なんて超基本的な栄養素のひとつ。
足りないなんてことがあってはいけません。

たんぱく質不足による弊害でよく知られているのは、「貧血・出血・骨折」です。
また、冷え性とも関係します。
卵胞の成長にも影響しますし、子宮内膜の増殖にも影響します。
妊婦さんなら出血も心配ですが、胎児の栄養も心配です。


たんぱく質の摂取は肝臓のエストロゲン受容体を通して妊娠する力に影響する(妊娠しやすいカラダづくり)


アキュア鍼灸院
http://acure0038.com/
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-100
TEL 048-643-9811
[PR]
by acure0038 | 2011-10-14 11:57 | 妊娠しやすい体作り
<< おならで大腸がん検査 まごわやさしい >>