妊娠中のカフェイン

妊娠中のコーヒーはダメなの?

妊娠初期に一日コーヒーを8杯以上飲む妊婦は、妊娠の継続に重大な悪影響がある可能性があり、4~7杯飲む妊婦でもその危険が2倍も高まるといわれています。
しかし、カフェインは気分をリラックスさせる効果があるので、一日1~3杯のコーヒーは、妊婦のリラックスには良いといわれています。また、一日300mgまでのカフェインは妊娠への影響はないと言われています。
あまり神経質にカフェインの量にこだわりすぎるのもストレスの元でよくありませんが、一般的に良く飲むコーヒーや紅茶に含まれるカフェイン量を知っておくことで、一日に飲んでいい目安となって安心できますね。

【カップ1杯(140ml)に含まれるカフェイン】
コーヒー     56mg
紅茶       70mg
お茶(玉露)   224mg
お茶(煎茶)   28mg
お茶(ほうじ茶) 28mg
ウーロン茶    28mg
お茶(番茶)    14mg
麦茶        0mg

家でコーヒーや紅茶を飲む場合は、マグカップで180~200mlという方が多いのではないでしょうか?その場合は80mg~100mgのカフェイン量になりますので、やはり一日に1~3杯が妥当だということになりますね。


カフェインが胎児に与える影響

カフェインを摂取すると、胎盤を通じてママと同じカフェイン濃度でお腹の赤ちゃんに与えられます。身体も小さい赤ちゃんには大変な量のカフェインであり、またまだ内蔵が充分にできていない赤ちゃんにはカフェインを体内で分解して排出できません。カフェインは大量摂取すると、不眠や興奮、おちつきがないなどの副作用があります。また、胎盤の血流を減少させるとも言われています。実際に、生まれた子供が落ち着きがない、低体重だったなどという症例やカフェインとの因果関係は未だはっきりはしていませんが、念のためということを考えると避けてきたいものですね。


授乳中にも控えたいカフェイン

「めでたく出産!さぁ、コーヒー・紅茶も出産前のように飲み放題だ!」…ちょっと待って!カフェインは母乳の中にも出てきてしまいます。カフェインはイライラさせたり興奮させる作用があるので、赤ちゃんがぐずったり疳の虫(夜泣きやヒステリーのような大泣き)をしてしまうことも。また乳幼児突然死症候群の発症率も、全くカフェインを摂っていないままと比べると多いことがわかっています。どうしても飲みたい場合は、授乳期間中のコーヒー・紅茶は授乳後のほうがおっぱいにカフェインが含まれる量がいくらかは少ないといわれています。かわいい赤ちゃんのためには、妊娠発覚~授乳期間中までは、なるべくカフェイン摂取は少なめに、授乳後の一休みに少しだけにと心がけましょう。
[PR]
by acure0038 | 2012-09-14 16:47 | 妊娠・出産
<< 不妊治療の基礎検査 血液で出生前検査99%の確率 >>