働く女性に増える疲労臭

 「疲労臭」とは、その名の通り、体に疲労が溜まったときに出るにおいのこと。

 一般的な体のにおいは、汗や皮脂などの分泌物を体の表面にいる細菌が分解することで作り出されます。一方、疲労臭は、体の中から直接においの元となる成分(アンモニア)が出てくるのが特徴。ツンとしたにおいがします。
d0116847_16401981.jpg

 アンモニアは、体の中でタンパク質が分解されてできる成分。筋肉が使われたり、肝臓でタンパク質が代謝されたり、腸内細菌の働きなどで、日常的に作られているもの。ただし、アンモニア自体は毒性が強いため、肝臓で無毒な尿素に作り変えられた後、尿として排泄されます。

 しかし、何らかの原因で、アンモニアの量が、アンモニア処理能力を超えると、処理しきれなかったアンモニアが、汗の中に出てしまい、においのもとになるのです。

 過度な運動による筋肉疲労の蓄積や、飲酒による肝機能の低下、肉などのタンパク質の食べ過ぎ、便秘などによる腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)のバランスの乱れ、さらにはストレスによる免疫力の低下などが、その原因。今、働く女性に疲労臭が増えていますが、それは、残業によるストレスや肉体疲労、飲酒の機会の増加により肝臓が酷使されていることなどが原因でしょう。

d0116847_18271342.jpg

 さらに、最近の女性は上手に汗をかけないことが多く、それも、疲労臭の発生に拍車をかけています。

 本来、汗は体から熱を放出させ、暑さから脳を守るためのもの。しかし、冷房や冷たい飲み物などの多飲により、汗をかく機会が減ると、汗腺の機能が低下します。そうなると、本来、汗を作る際に汗腺から血液中に戻されていたアンモニアなどの成分がそのまま汗の中に混じるようになり、「ベタベタ汗」になるのです。

 では、疲労臭を防ぐには、どうしたらいいのでしょうか。

 まずは、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠をとり、できるだけストレスを溜めないこと。そして、肝臓の負担を軽減するためにも、お酒の飲み過ぎには要注意。過度な肉食を避け、納豆や乳酸菌、野菜など、食物繊維や乳酸菌などが豊富な食事をして、腸内環境を整えることも大切です。

 「オルニチン」「クエン酸」という成分も効果的。

 最近では、オルニチンという成分の摂取で疲労臭が低減したという試験結果が出ています。オルニチンを多く含む食材には、シジミやエノキタケ、キハダマグロなどがあり、オルニチンを配合した清涼飲料やサプリメントも出ているので、上手に利用するといいでしょう。また、体でエネルギーを作り出し、疲労を軽減する効果が期待できるのがクエン酸です。疲れたときにレモンや梅干しを食べたくなるのには、理由があったのです。

※ 日経ウーマンオンラインより





アキュア鍼灸院
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-100
TEL 048-643-9811
月~金 9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日 9:00~17:00
[PR]
by acure0038 | 2013-12-03 18:33 | 妊娠しやすい体作り
<< 進化する逆子の灸 <新出生前診断>羊水検査後陽性... >>