妊娠中の貧血が赤ちゃんに及ぼす影響

妊婦の貧血は早産のリスクが上がる

妊娠すると、貧血になりやすいですが、
妊婦が貧血になると早産や低出生体重児のリスクが上がることが
アメリカのハーバード大学公衆衛生学部の調査で明らかとなりました。

調査チームによると、妊娠と鉄剤に関する研究48件と
妊娠中の貧血に関する研究44件の論文の解析を行ったところ
妊娠中に鉄剤を服用していた妊婦へのヘモグロビン値は平均で4.59g/l高く、
貧血リスクが50%、鉄欠乏症リスクが41%、鉄欠乏性貧血のリスクが60%、
子供が低出生体重児のリスクが19%、それぞれ減少することが判明しました。

また、妊娠初期から中期にかけて貧血になった妊婦の子供
低出生体重のリスクが1.29倍、早産リスクが1.21倍に上がっていたそうです。

鉄剤の服用量が1日辺り10mg増加するごとに、
妊娠中の貧血リスクは12%減、
低出生体重のリスクは3%減となり、
子供の出生体重は15g増加することもわかりました。

これらの調査結果から、調査チームは
「妊婦が鉄剤を服用することは、妊娠中の貧血や子供の出生体重を改善する方法の一つになる可能性がある」と述べています。


妊婦が貧血になりやすい理由

30~40%の妊婦が貧血になると言われています。
なぜ、妊娠すると貧血になりやすくなるのでしょう?

妊娠すると、自分だけではなく胎児にも栄養や酸素を送らなくてはいけませんよね。

妊娠前は、自分の身体に栄養と酸素を供給できる血液量があれば十分だったのに、
妊娠すると胎児分も血液量が必要となるため、造血機能がフル回転し、必要な分の血液量を増やします

妊娠初期から血液は徐々に増え始め、妊娠後期には最大36%も血液量が増えますが、
血漿は47%増加するのに対し、赤血球は17%しか増加しません。

つまり、血液中の赤血球の割合が低くなるということですね。

貧血は、赤血球中のヘモグロビンが不足することが原因ですので、
妊娠中はどうしても貧血になりやすくなるのです。


妊娠中の貧血を予防するためには

ヘモグロビンを増やすためには、鉄分が欠かせません

そのため、妊娠中の貧血を予防するためには、
鉄分を積極的に補給する必要があります。

アサリや牡蠣などの貝類、
小松菜やほうれん草などの緑黄色野菜、
わかめやひじきなどの海藻類、
納豆や黄粉などの大豆製品など
鉄分の豊富な食品を積極的に食べて、鉄分補給に努めましょう。



アキュア鍼灸院
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-100
TEL 048-643-9811
月~金 9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日 9:00~17:00
[PR]
by acure0038 | 2014-01-02 09:00 | 妊娠・出産
<< 妊娠中の食生活が赤ちゃんに及ぼす影響 妊娠しやすい食生活 ハーバード... >>