肝臓と疲労は直結している

食べ過ぎ・飲み過ぎ、睡眠不足、ストレス、運動のし過ぎなど、日常的な行いの一つひとつが、肝臓の酷使や脂肪の沈着につながり、肝臓疲労を引き起こす原因になります。使い過ぎや脂肪沈着のために機能が低下した肝臓は、代謝や解毒といった役割を十分に果たすことができず、エネルギー不足や毒素が蓄積されて疲れてしまうのです。また、腹部内の多くの主要臓器とつながっている肝臓の機能低下が全身の疲労に直結しています。

「 不摂生やストレスなど → 肝臓疲労(肝機能低下) → 疲労として感じる 」



肝臓に負担をかける原因
d0116847_19435914.jpg

■睡眠不足、夜更かし
・起きて活動する時間が長ければ長いほど、肝臓はエネルギーを消耗する。
・活動のあとに発生した様々な老廃物を処理するのも肝臓の役目。
 →睡眠不足は2つの余分な負担を肝臓にかける。
・夜型の生活は自律神経のバランスを崩し、肝臓にも悪影響を与える。
■運動不足
・運動不足による過剰な栄養の蓄積や排出は肝臓に負担をかける。
・運動不足で筋肉を動かさない、末梢からの血液の戻りが悪くなり、汚れた血液が体に溜まる。肝臓はその処理に追われる。
■ストレス
・精神的ストレスに対処するために交感神経が緊張するので、肝臓を動かす神経である副交感神経がうまく働かない。
・交感神経の緊張は多くの内臓の血液量も減少させ、肝臓に余計な負担をかける
■食べ過ぎ
・食べ過ぎは、過剰な栄養の処理に追われて、肝臓が疲労する。
・タンパク質の分解によって発生する毒性物質、アンモニアによるエネルギー産生サイクルの阻害
■高タンパク、高脂質の食事
・高タンパク、高脂肪な食べ物の消化は、他の栄養を処理するよりも肝臓にとって負担になる。
・過酸化脂質、トランス脂肪は肝臓にとって非常に有害である。
■脳の疲労
・脳に血液を供給するためには、肝臓のはたらきが重要である。
・脳が酷使されると、大量の血液が必要となり、肝臓の負担が大きくなる。
・肝臓の能力が小さいと、脳は疲れやすくなり、思考力が散漫になり、イライラして怒りやすくなる。
・肝臓が弱ると、睡眠にも影響し、寝付きが悪く眠りが浅くなる。
■筋肉疲労
・アンモニアが増加するため、肝臓はその処理に追われる
・アンモニアによるエネルギー産生サイクルの阻害
■アルコール
・過剰なアルコールの分解
・分解時に発生する毒性の高い物質・アルデヒドによる、肝細胞内のミトコンドリアの機能低下


肝臓のツボ
では肝臓のメンテナンスのためにはどうするか?
基本は休息ですが、それぞれの原因によって、しっかり睡眠を取るとか、食生活を改めるとか、軽く運動するとか、お酒を控えるとかすればいいわけです。
最近、「シジミが肝臓にいい」なんて言われてますよね。シジミを摂るのもいいと思います。
代表的なツボとしては「肝兪」
d0116847_19455716.jpg




アキュア鍼灸院
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-100
TEL 048-643-9811
月~金 9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日 9:00~17:00
[PR]
by acure0038 | 2014-01-09 20:03 | 肝臓病
<< 喉頭アレルギー 妊娠中の生活リズムが赤ちゃんに... >>