妊娠しやすい排卵日を予測…検査薬解禁へ(読売新聞)

今日は旧正月(春節)ですね。
中国の友人から「あけおめ」メールが来て気がつきましたw

さて、排卵検査薬が再び解禁になる模様。
少子化が深刻な昨今、販売禁止したこと自体、理解に苦しみますが。
以下、ニュース記事。


(読売新聞)
 政府は30日、妊娠しやすい排卵日を予測する排卵日検査薬について、医師の診療と処方箋がなくても薬局で買えるように規制緩和する方針を固めた。

 厚生労働省が検査薬を薬局で販売する際のルールをまとめた上で、2014年度中にも販売できるようになる見通しだ。

 薬局で販売が認められている検査薬は現在、〈1〉妊娠〈2〉尿糖〈3〉尿たんぱく――の3種類のみ。排卵日検査薬の解禁をめぐっては、誤診の恐れがあるとして、日本医師会が慎重だったが、30日の規制改革会議の健康・医療ワーキンググループ(作業部会)で、健康診断に代わるものではないとの位置づけで、認める方針に転じた。

 がんなどの病気の兆しを把握するため尿に血が混じっているかを調べる尿潜血検査薬についても、市販解禁の対象とする見通しだ。

1月31日(金)15時37分配信
[PR]
by acure0038 | 2014-01-31 17:55 | 妊娠しやすい体作り
<< テストステロンと卵胞の発育 HSPで免疫UP、若返り >>