不妊治療をしていたら白髪がなくなった

今日、不妊治療で通われてる患者さんから面白いことを言われました。
「白髪がなくなった!」と。
この方まだ30代なんですけどね。

加齢によって髪の毛が白くなってくるのは、東洋医学では腎が衰えてくるためです。東洋医学の腎とは、腎臓だけでなく膀胱や子宮、卵巣、下半身の筋力などを指します。女性の場合は子宮力妊娠力と言ってもいいかもしれません。不妊症の方は子宮や卵巣の問題を抱えていますから、(東洋医学の)腎に何らかの問題があったり、衰えている方がほとんどです。

さて、不妊の治療ですから、腎(子宮力や妊娠力)をパワーアップさせる治療をしていたわけです。お年寄りでもときどき見られることですが、最初、後頭部の髪の毛から黒くなってきて、次に側頭部が黒くなってきます。後頭部や側頭部は、女性ホルモンが関与してると言われていますから、髪が黒くなるという現象も、体質が改善され女性ホルモンの分泌が増えた証(あかし)と見ることができます。
[PR]
by acure0038 | 2007-11-19 20:04 | 妊娠しやすい体作り
<< 生姜紅茶で体ぽかぽか トランス脂肪酸が不妊症の原因に >>