逆子(骨盤位)の種類

 逆子の出産は、頭が下の姿勢(頭位)に比べ、お産のときに頭が出にくく、へその緒が圧迫されやすいという危険があります。
 逆子の中でも自然分娩(経腟分娩)しやすいのは、おしりが下になっている単殿位(1)。おしりと足が下になっている複殿位(2)も経腟分娩は可能ですが、お産中に膝位(3)や足位(4)になってしまうことがあり、その場合は帝王切開になります。

d0116847_1154641.jpg
<1 単殿位>
 お産のときにおしりから出てくるかたちになります。






d0116847_11541880.jpg
<2 複殿位>
 両足が下にあれば、全複殿位。片足が上に上がっていれば、不全複殿位。





d0116847_11543164.jpg
<3 膝位>
 お産のとき、膝の関節が曲がり、膝から先に進んでいる状態。両膝なら全膝位、片膝なら不全膝位。






d0116847_11544194.jpg
<4 足位>
 お産のとき、伸びた足から進んでいる状態。両足であれば全足位、片足なら不全足位。
[PR]
by acure0038 | 2008-05-08 12:36 | 妊娠・出産
<< 甲状腺に作用するツボ ゴールデンウィーク >>