<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

妊娠可能な時期、妊娠しやすい時期

一般に妊娠しやすい時期というのは、「排卵日の3日前~排卵日後1日くらい」と言われています。
これは、「精子の寿命期間を3日+卵子の寿命期間を1日」とした考えに基づく期間です。
では実際にはどうでしょう。

卵子の寿命は個人差がありますが6~24時間くらいと言われます。そして、精子と出会うために「卵管膨大部」というところまで移動します。

一方、精子の寿命は3~5日と言われます。しかしこれも個人差があり、実際には2日~1週間くらいです。

寿命期間内でも鮮度が大切ですから、卵管膨大部に移動したときにすでに精子が待っている状態がいいのです。(デートの時は男が先に着いて待っているべき!ということか?!)

精子も卵子も卵管膨大部で出会うときに、鮮度が良いほど妊娠しやすくなります。老化した精子や卵子では受精能力が減少しているのです。

しかし、卵子と精子の移動速度には個人差があります。卵管膨大部まで、なかなかたどり着けない卵子もいれば精子もいるのです。
元気のいい精子は射精後わずか1時間もしないで、卵管までたどり着くようですが、休み休みゆっくり移動する精子の場合には、排卵日の1~2日前が1番妊娠しやすい日でしょう。

この卵子と精子の鮮度、あるいは移動速度は体調によっても変化します。「卵胞が成熟しきってない」「精子が最初から活力がない」など、風邪や睡眠不足、ストレスや食生活などでも微妙に変化が出てしまうのです。

卵子・精子の寿命や移動速度に個人差があると言いましたが、ということは、この図のように妊娠可能な時期というのはこんなにも長いのです。
d0116847_15555445.gif

もし、まだ子供を望んでいない場合、月経後すぐだからまだ大丈夫!と思っているとできてしまうかもしれません。
逆に、自分たちは健康だから!と思っていても、睡眠不足やストレスなどの体調の変化で寿命が短くなったり、運動性が損なわれてしまうことがあるということです。



アキュア鍼灸院 http://acure0038.com/
[PR]
by acure0038 | 2007-05-15 19:05 | 妊娠しやすい体作り

めまい

中医学(中国医学)の世界では「諸風掉眩、皆属于肝」という有名な言葉があります。
あらゆる「めまい」は五藏六府の「肝」によるものだという意味です。

「肝」の異常とは、ストレス(緊張etc)、自律神経異常、肝機能異常などを指します。

しかし、ホントは「水分代謝の悪さ・胃腸の不調によるもの」、「体力の低下によるもの」、「血の滞りによるもの」、「老化や腎臓・子宮の機能低下によるもの」など、原因はさまざまです。

ところが、「めまい」の患者さんの8割ぐらいでしょうか、大部分は肝の異常によるものが多いのです。

メニエルのような回転性のめまいを発症する人は、十中八九このタイプと見てよいでしょう。
もちろん他の原因と混在している場合も多くあります。

西洋医学でも発作を起こす原因として、
①睡眠不足、②ストレス、③塩分摂取過剰(体に水分がたまる)、④喫煙、⑤低気圧などの気圧の変化、⑥(女性では)生理
などが挙げられていますが、これは中国医学でも共通しています。

この中で、一番コントロールが難しいと思われるのが、「ストレス」ですね。
上手にストレス発散できる人はそんなに多くありません。
また、症状自体がストレスとなり、それがまた症状を悪化させ、それがまたストレスとなり、、、、、と、悪循環を形成したりもします。

めまいの原因第2位として挙げられるのが「痰」。
「体に溜まった余計な水分」と理解してください。水分摂取量、食生活、大小便、発汗などが関わってきます。これはその気になればコントロールできるものですね。

治療に際しては、「めまい」という症状の治療もしつつ、さらに根底にある原因を治療しなければいけません。
なにしろ、再発もしやすい病気です。仮に何らかの治療で症状が治まったとしても、その後自分自身でコントロールしていく術も覚えていきましょう。


アキュア鍼灸院
http://acure0038.com/
[PR]
by acure0038 | 2007-05-11 22:53 | めまい・耳鳴り

舌診

中医学(中国医学)で診療する治療院では必ず「舌」をチェックされます。
当院でも100%の患者さんに舌のチェックを行います。

では、舌で何を診ているのか?
今日はそれを少し紹介したいと思います。

舌の色・形、苔の色・状態、舌の裏の血管の状態などを見ています。
さらに、舌は部分によって内臓の状態がわかるのです。
d0116847_16125885.gif

健康な人の舌というのは、このような色、形、苔をしています。↓↓↓
d0116847_1614248.jpg

これよりも色が白かったり赤かったりすると、
白い・・・「寒」、体が冷えている
赤い・・・「熱」、体が熱っぽい
などという判断材料になります。

また、このように苔が厚いと、実邪(老廃物)が溜まってるな、ということになります。↓↓↓
d0116847_16242783.jpg

例えば、「胃」の弱ってる人などは、舌の真ん中あたりの苔が薄かったり、はげていたりします。

あと、よく見られるのが「紅刺(紅点)」です。↓↓↓
もっともよく見られるのは舌の先っぽに赤い点々がある人です。これも「熱」を表すのですが、「気逆」と言って、気がのぼってばかりで、上半身や頭に気が偏って熱がたまったりします。更年期障害などで見られる「冷えのぼせ」は、まさにその状態です。昔から健康の秘訣として、「頭寒足熱」なんて言ったりしますよね。頭を冷やして、足を温める。
d0116847_16292726.jpg

女性にとって特に重要なのが舌の裏の血管。「舌下静脈」と言います。
d0116847_16395456.jpg

黒っぽい血管が見えますよね。「お血」といって、血が滞っていることがわかります。
例えば、月経時にレバー状の血の塊が出る方は、必ず青黒いスジが見えると思います。


どうですか?今日は少し長くなってしまいました。
「さわり」だけですが、こんな感じで、「舌」のチェックをしています。
今日はちょっと鏡で自分の舌を見てみたくなったでしょ?(歯を磨く前に見てね)



アキュア鍼灸院
http://acure0038.com/
[PR]
by acure0038 | 2007-05-09 16:49 | 中医学(中国医学)

三陰交(ツボ)について

女性疾患には欠かせないツボ、「三陰交」。

三陰交という名前の由来は、
①足太陰脾経(胃腸に関わる経絡)
②足厥陰肝経(肝臓とストレス疾患に関わる経絡)
③足少陰腎経(腎臓、尿疾患、子宮などに関わる経絡)
これら3つの「陰経」が交わるツボだから、「三陰交」と呼ばれます。

「気」「血」「水」のうち、「血」を治療するツボとして一番最初に挙げられる
代表的なツボ。

生理痛、逆子、不妊、更年期障害、などほとんどの女性疾患に使われます。

さて、「血」を治療するもう一つの代表格が「血海」と言うツボ。
膝の内側を少し上に上がったところにあります。(太ももの内側)
このツボは大きさが大きいので、細かい位置にこだわらずちょっと押してみてください。
ほとんどの女性は圧痛(押して痛む)があるのではないでしょうか?

気持ちいい程度にマッサージしていれば、軽い生理痛なら治るかも知れませんよ。

d0116847_20134472.jpg


アキュア鍼灸院 さいたま
http://acure0038.com/
[PR]
by acure0038 | 2007-05-08 20:16 | 妊娠しやすい体作り