<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夜尿・疳の虫

小児シリーズで今日も書こうと思ったら、なかなかネタの思いつかないものです^^;
ですから、今日が3回目にして小児シリーズ最終章!!

さて、小児鍼は関西ではそこそこ有名ですが、関東の方ではなかなか認知度が低いのが現状です。(関東の)みなさんの周りにもお子さんを鍼治療に連れていったなどという知り合いはいないかと思います。

さて、小児鍼で治療する2大疾患が夜尿症疳の虫です。つまり、おねしょ子供のヒステリーです。

夜尿(おねしょ)のほうは、背中の”身柱”、腰の”命門”、足の親指の”大敦”などのツボに刺さない小児用の鍼で刺激したり、熱くないお灸で温めたりします。

疳の虫は、親子のスキンシップを取ってもらうのがいいのですが、特にわき腹をコチョコチョくすぐってあげるのが効果的です。小児鍼治療では、小児用の刺さない鍼で全身を刺激してあげます。

あ!それからもう一つ。たまに聞かれる小児の便秘。便秘はお腹痛がったり、肌が荒れたりしますからな。まず始めにしなければいけないことは、食事の工夫! 基本です。それでダメなら、やはり小児用の刺さない鍼で治療します。
d0116847_2037384.gif

[PR]
by acure0038 | 2007-09-26 20:38 | 小児

小児喘息

せっかくですので、前回に引き続き、小児シリーズを書きたいと思います。

さて、小児喘息を治療するのはそう難しいことではありません。
ご自宅でもできます。また、親子のスキンシップにもなるので、大変良いと思います。

では、やり方です。
まず、毛先の柔らかいブラシ(髪の毛をとくブラシ)を用意してください。
そのブラシを使って胸と背中をなでてあげます。
なでる向きは写真を見てください。
写真は赤ちゃんですが、幼児から小学生ぐらいまで通用します。
1回5分ぐらいでいいでしょう。ただし1回だけではダメです。
毎日やってあげてください。
1週間もすれば素人目にも効果が分かると思います。
咳や発作が治まるには個人差があると思いますが、症状が治まったあともしばらくは続けることが大切です。
d0116847_2061022.gif

注意!
乳首部分はやらないでください。胸は胸骨(胸の真ん中)と鎖骨の下あたりをやれば十分です。
[PR]
by acure0038 | 2007-09-25 20:34 | 小児

小児の下痢

小児のネタを書くのは、ブログを始めて以来、初めてですね。

さて、下痢にも原因はいろいろありますが、小児に限っては、そんな難しいこと抜きにしても、ほとんどはコレで治ってしまうと思います。
d0116847_2027381.jpg
塩灸です。おへそに塩を山盛りにして、その上にお灸をのせます。お灸といっても、このお灸は熱くなく、気持ちいいのです。だいたい、熱かったら子供にできません。

子供は大人のように複雑なゆがみなどなく、治療に対する反応も良いので、単純な治療が功を奏するのです。
[PR]
by acure0038 | 2007-09-20 20:36 | 小児

チョコレート嚢胞の症例

8月から来院している方の症例です。
7月に妊娠がわかり検査をした際に、4cmのチョコレート嚢胞が発見されました。
お子さんは残念ながら流産。その後、悪化し、卵巣嚢瘍に発展。(写真左)
d0116847_2038158.gif

さて、ここから鍼灸治療の開始です。
やや遠方ということで週一回の治療と食事療法を併用しました。
東洋医学的な診断名は、肝鬱気滞、お血
お血とは、東洋医学的に血が滞っている、あるいは血の塊が存在している状態です。
舌は青く、舌の裏の青黒い血管がくっきりと出ています。舌の裏にはさらに、血豆のような血腫もできています。(←これが今回のチョコ嚢胞と相応しており、治療効果の目安になります)
癌でもポリープでも同じように舌の裏に血腫が見られます。西洋医学的にはなんの関係もないところですが、東洋医学的診断のおもしろいところです。

さて、鍼灸治療をするたびに黒い便が出ました。これはお血が排泄されている証拠です。
食事療法の内容は、ゴボウ、チンゲンサイ、セロリ、タマネギ、苦瓜のどれかを毎日食べてもらいました。
そして、一ヶ月後の写真が右側です。
黒い影の部分が薄くなって、小さくなっているのが分かるでしょうか?私は一応あと1,2ヶ月の治療が必要だと思っていますが、お医者さんの方からは「もういいですよ」というお墨付きをもらいました(*^∇゜)v

今後また機会があれば経過をご紹介していきたいと思います。

※ ブログ公開に対して本人了解済み
[PR]
by acure0038 | 2007-09-18 21:03 | 妊娠しやすい体作り

妊娠週数の数え方 と 妊娠初期症状

最終月経開始日を0週0日として数え始めます。

   0週     │    1週     │    2週     │   3週
───────────────────────────────────────────
0 1 2 3 4 5 6 │ 0 1 2 3 4 5 6 │0 1 2 3 4 5 6 │0 1 2 3 4 5 6
                      ↑
                  排卵日(受精成立)
(その他の数え方)
●性交日が妊娠14日目(性交日が明らかな場合)
●基礎体温の高温期初日が妊娠14日目
●超音波による排卵日が確認できた場合、その日が妊娠14日目
●IVF、GIFT施行日が妊娠14日目(高度不妊治療)
●超音波によるCRL(頭殿長)の長さによる診断
●超音波によるGS(胎のう)の長さによる診断


<妊娠1ヶ月>
妊娠0週 月経期
妊娠2週 受精卵が子宮へと移動し着床。まだこの時期には妊娠の兆候は現れません。1番早く妊娠の兆候が分かる人は、着床する瞬間に下腹部に痛み出血を感じることがあります。
妊娠3週 赤ちゃんは子宮の内膜に潜り込み、正式に妊娠と定義されます。

<妊娠2ヶ月>
妊娠4週 赤ちゃんは2mm前後。頭とお尻の区別が付くようになります。また、このころには妊娠初期症状が出始めます。下腹部に違和感(張りや圧迫感)、おっぱいの張り、乳頭痛、乳頭の黒ずみなど。5週のはじめ頃にはつわりも出始めます。(つわりは、16週までに自然に落ち着きます。)

4週の終わりから5週にかけて経膣超音波による胎のうの確認。
妊娠5週の終わりごろから6週の中頃にかけて、赤ちゃん(胎芽)が確認されるはずです。
そして遅くても8週までには赤ちゃんの心拍が確認されます。

e-妊娠より
[PR]
by acure0038 | 2007-09-05 16:59 | 妊娠・出産

痔 ~坐浴のススメ~

もまた鍼灸がよく効く疾患のひとつです。
出血を伴うようなときや、痛みのきついときは治療に来てもらえればと思いますが、
それほどでもないときには、自分でできる解消法があります。

d0116847_2025248.jpg
坐浴です。イチジクの葉やゴボウを煎じたお湯でやるのが良いですが、ただのお湯でも結構です。案外、楽になるものです。痔主(ぢぬし)さんは是非お試しください。

また、イチジクは痔の妙薬として有名で、空腹時に生の実を食べるだけでも痔に効きます。
[PR]
by acure0038 | 2007-09-04 20:31 | その他