<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

心を落ち着かせるホルモン -セロトニン-

■セロトニンとは?

宝くじが当たったとき:ドーパミンが増え、喜び、興奮します。
満員電車に揺られているとき:ノルアドレナリンが増え、不快になります。
  
・・・・そんな、心の高ぶりを鎮め、「ほっと」落ち着かせ、安らぐ気持ちを作り出すのがセロトニンです。例えば、筋肉がほぐれたり、いい匂いをかいだり、心地よい環境、食後のひととき・・・・

セロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなるため、快楽から抜け出せずに依存症に陥ったり、うつ病になりやすいなどといった指摘があります。

■その癒しのメカニズムとは?

セロトニンは分泌を増すことで、ノルアドレナリンによる不快感を抑えてくれます。出すぎているノルアドレナリンの量を減らす働きがあるため、ストレスがたまっているときに温泉に入ったりすると「あ~」と強く癒されるのは、セロトニンが増え、高まっていたノルアドレナリンが一気に減らされるためです。

また、セロトニンは出すぎたドーパミンを減らす働きも持っています。そのため、強まった快感・興奮が弱まり、落ち着くことで、「もう満足」と行動にブレーキがかかります。

よって、セロトニン不足・・・・・「セロトニン神経がしっかりしている限りは、不安が不安として意識されず、恐怖も感じられない。ところが、傷害されると不安や恐怖を克服させるものがない。このため、他人では考えられないようなちょっとした苦しみや失敗で自殺したりするようになる」、「感情にブレーキがかからず、快楽行為が止められなくなる」のです。

■セロトニンは心だけでなく体にも影響を及ぼしている!!

セロトニンは、感情や情動だけではありません。
・食欲が旺盛になる
・不眠、熟睡できない
・生体時計のリズムが崩れる
・肥満、糖尿病
・頭痛
・姿勢が悪くなる
・生理不順、PMS、女性ホルモンの低下など

■鍼灸治療とセロトニン

鍼灸治療の効果のひとつとして、脳内モルヒネ様物質のエンドルフィンとセロトニンが分泌されるという効果があります。
セロトニンは前述の通り 「精神安定ホルモン」 ですが、エンドルフィンは 「脳内ハッピーホルモン」 とも呼ばれ、分泌されると気分がよくなります(陶酔感、多幸感)。

鍼灸治療によるリラックス効果、うつ病などの改善はこのようなエビデンス(科学的根拠)があるのです。


過去の記事: 座禅でストレスに強くなる
[PR]
by acure0038 | 2008-02-28 20:40 | その他

お知らせ

3/1(土) ~ 3/3(月) 休診いたします
[PR]
by acure0038 | 2008-02-23 17:25 | その他

花粉症に効く食材

花粉症のくしゃみ、鼻水など、鼻症状に対して、レンコンがよく効きます。
レンコンをおろして、その絞り汁を綿棒などで鼻の粘膜に塗ります。
食べるのも良いです。
ビワの葉エキスを塗るという方法もありますが、レンコンの方が安価で効果も良いのではないかと思います。

ちなみに今日はバレンタインデーですが、チョコレートは花粉症の人にとって極めて良くない食べ物です。もらったチョコレートは・・・・・・・飾っておいてください(笑)


レンコンはそのほかにも非常に多くの効能をもつ食材ですが、中でも特記すべきは止血作用。胃潰瘍や痔など出血性の慢性疾患を改善する作用があります。
止血作用を強めるには、油を使わず焦げるまで焼くと効果が高まります。
d0116847_14425120.jpg

[PR]
by acure0038 | 2008-02-14 16:28 | 花粉症

鍼治療で体外受精の成績が向上

妊娠しやすいカラダづくり より

体外受精時の胚移植の前後に鍼治療を受けることで、
その後の妊娠率や出産に至る確率が高まることが、
アメリカのメリーランド大学医学部統合医療センターの研究員らの調査で明らかになりました。

鍼治療とが体外受精の成績に及ぼす影響について、
これまで発表されている7つの論文をレビューしました。

欧米4ヶ国で実施された1366名の女性を対象に、
体外受精時の胚移植の前後に、
伝統的な鍼治療を受けた女性のグループ
にせの鍼治療を受けた女性のグループ
そして、何も施されなかった女性のグループのその後の成績を比較したところ、
伝統的な鍼治療を受けたグループは他のグループに比べて、
妊娠した割合が65%、そして、出産に至った割合が2倍であることが分かりました。

このことから体外受精時の胚移植の前後の鍼治療は、
その後の妊娠率や出産率を向上させることが分かったとしています。」
[PR]
by acure0038 | 2008-02-11 15:28 | 妊娠しやすい体作り

花粉症

疲れはアレルギーの大敵!
花粉症というと、とかく「花粉」ばかり注意しがち。
しかし、それと同じくらいに大切なのが体調を整えることです。

① 抵抗力をつけよう
 自律神経のバランスが良いと、花粉(アレルゲン)が入ってきて、IgE抗体 (免疫グロブリンE)に結合しても、花粉症(アレルギー症状)が起こらないこともあります。免疫系が正常に保たれ、過剰な反応をしないからです。

② 疲れをためないこと
 疲れをたまると副交感神経の緊張が高まったり、交感神経がおさえられていたりすると、肥満細胞からヒスタミンが放出されやすくなり、症状が出やすいです。
 入浴することで自律神経が調えられるので是非毎日お風呂にはいるようにしましょう。また、汗をかくことも大切です。

③ バランスとれた生活
 一定のリズムをもって、身体にストレスを与えない、疲労をためない、 バランスとれた生活をしましょう。

④ 刺激物をさけよう
 鼻づまりをひどくするので、からい食べ物、アルコールなどはひかえる。たんぱく質のとり過ぎにも注意、 たばこは 直接、鼻や眼の粘膜を刺激するので、禁煙しましょう。
[PR]
by acure0038 | 2008-02-08 23:41 | 花粉症

早産リスクが低下

妊娠前から葉酸を摂取することで早産のリスクが大幅に低下する
「妊娠前から葉酸のサプリメントを摂取していた女性は、摂取していなかった女性に比べて、20~28週の早産になるリスクが70%低くなり、28~32週の早産になるリスクが50%低くなる」
だそうです。

葉酸はすごいですねえ。このほかにも、妊娠高血圧症の発症リスクを低減、子供の先天異常を予防胚の生存力を高める卵の発育環境を向上させる、などいいことずくめ。


是非とも、妊娠前から葉酸を摂るようにしましょう!
[PR]
by acure0038 | 2008-02-05 12:28 | 妊娠しやすい体作り