<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

習慣流産の検査

習慣流産に関する検査の多くは血液検査です. 検査の項目としては次の通りです.

染色体異常
両親に外見上異常のない場合でも染色体異常の保因者である可能性があります.染色体異常というと深刻そうに思えますが, 人間の数%は何らかの染色体異常を持っています. 詳細はこちら. そんなに珍しいことではありません. この検査のみ男性・女性双方に対して行います.

内分泌異常
患者さんの家族歴・症状などから甲状腺の病気・糖尿病・乳汁分泌症などが疑われる場合には, 甲状腺ホルモン異常 糖尿病 高プロラクチン血症などがないか調べます.

自己免疫異常
抗核抗体, リウマチ因子, 抗リン脂質抗体 (抗カルジオリピン抗体・抗フォスファチジルエタノールアミン抗体・抗フォスファチジルセリン抗体・ループスアンチコアグラント)等について調べます. この分野は進歩が早く保険医療制度が追いついていない部分があるため, 一部患者さんの自費診療で検査を進めます.

凝固機能異常
上記の項目と一部重複します. 習慣流産の原因として血栓症・血栓傾向がクローズアップされています. 血栓症の傾向がないかどうかを調べる検査です. 主にアンチトロンビンIII, プロテインS, プロテインC, その他の凝固因子を調べます.

血液型検査
血液型の不適合のため流産・死産が発生している場合があります. 血液型が特殊な血液型ではないかどうか・不規則抗体がないかについて調べます.

HLA検査
一時期, HLAの一致・不一致が習慣流産と関係するといわれていました. 現状ではこの考え方は否定されつつあります. 当病院では一部の患者さんに対してのみHLA検査を行っております.

これより下は血液検査ではありません.

子宮の異常
子宮奇形・中隔子宮・子宮筋腫・頚管無力症などがないかどうかを, 超音波検査・子宮卵管造影検査・子宮鏡検査を組み合わせて調べていきます.

感染症
女性生殖器に感染する細菌であるクラミジアの検査を行います. 患者さんの既往歴・家族歴を検討して必要であれば結核菌の検査を行います.

流産検体の染色体検査
この項目は今までの検査とは意味合いが違います. 流産で子宮からでてきた胎児の細胞に染色体異常がないかどうか調べる検査です. 流産の原因が胎児の要因なのか, 胎児の要因ではないのかを調べます. 子宮から取り出してすぐの流産した胎児の細胞が必要です. 手術室で清潔に取り出した検体でないと検査できません. 冷凍・冷蔵・乾燥した検体では検査できません. 保険が適応とならないため私費での検査となります.



習慣流産ホームページより引用しました。
[PR]
by acure0038 | 2008-06-24 19:55 | 妊娠しやすい体作り

DHEAと不妊治療

DHEA (デヒドロエピアンドロステロン) とは、体内の副腎から分泌され,後にテストステロンとエストロゲンに変化します。25歳をピークに加齢とともに低下していきます。

卵巣を若返らせ、機能アップをはかれると言うことで話題になった薬ですが、実際のところはよくわかっていません。

DHEAについて調べてみると、若返りの薬として、
① 精力が高まる
② 気分・記憶力・集中力が高まる
③ 免疫能が強める
④ インシュリンの正常な分泌を助けて糖尿病を予防する
⑤ 老化防止
などなど、魔法の薬のように書かれています。

その一方で、次のようなことが懸念されています。
① ニキビや体毛が増えることがある
② 乳ガンや前立腺ガンのリスクを高める
③ 肝臓への負担

いずれにしても、過剰摂取と長期服用は避けた方が良さそうです。
※適量は1日に25-50mg

また、妊娠時にも男性ホルモンは増えますが、DHEAの過剰摂取によって男性ホルモン値が高くなってしまえば、妊娠しづらくなります。
体が妊娠しているときと同じような状態だと、妊娠しにくくなるというのは「高プロラクチン血症」と似てますね。
※テストステロン基準値 10~60ng/dl (より良い値は20~50ng/dl)

DHEA FAQ
DHEA文献集
[PR]
by acure0038 | 2008-06-13 19:48 | 妊娠しやすい体作り

タンポポ (蒲公英)

昨日、タンポポ茶についての質問を受けまして、これはおもしろいネタだと思いましたので、久々の更新です^^

漢方の辞典を見てみますと、

〔効能〕①清熱解毒・消腫散結
      乳癰(乳腺炎)、腸癰、癰腫疔毒(皮膚化膿症)、肺癰(肺化膿症)などの
      化膿性疾患に用いる。
     ②利水通淋・清利湿熱
      熱淋の排尿困難、排尿痛。湿熱の黄疸。
     ③清肝明目
      肝火上炎による目の充血、腫脹、疼痛(急性結膜炎・眼瞼炎など)

つまり、乳腺炎には非常に効果がありますが、子宮を温めたりするような効能はありません。子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫にも使われることがあります。デトックス的な要素が強いと言えます。

また、コチラも参考にするといいかもしれません。学術的研究や伝統医療での使われ方など、わかりやすく書いてあります。↓↓
タンポポエキスで妊娠しやすいカラダをつくる
[PR]
by acure0038 | 2008-06-06 17:53 | 食物の薬効