<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

無料妊婦健診の回数

今年に入って妊婦健診を無料で受けられる回数が14回に増えるという話を聞いていますが、asahi.comの記事を読んでみると、実際はそうでもないようです。


--------------------------------------------------------------------
asahi.com 「妊婦健診無料 国は「14回」、実際には5回の自治体も」

 国は子育て支援策の目玉として、「妊婦健診を14回分は無料で受けられる」と掲げているが、実際は、住む市町村で対応が異なっている。一部自己負担を求められたり、無料となるのが14回を下回ったりするところも。不況で税収が落ち込む中、厳しい財政状況が影響しているようだ。

 妊婦健診は14回受けるのが望ましいとされ、費用は内容により1回5千~1万円程度。健康保険は適用されない。

 国はこれまで、1人当たり5回分(約5万4千円)を地方交付税で自治体に渡してきたが、少子化対策として、10年度までの時限措置で助成を増額。6~14回分(約6万4千円)も、国庫補助と地方交付税で半分ずつ手当てすることを決定。助成額は、1人当たり約11万8千円になった。麻生首相は1月28日の施政方針演説で「14回分すべて無料にする」と述べている。

 ただ、地方交付税の使い道は自治体が独自に決めるため、妊婦健診に全額充てられるとは限らない。また、健診内容や受診機関によっては費用が約11万8千円を超え、自己負担が生じる場合もある。

 大阪府枚方市は、4月から3回(1回平均約7千円)を13回に増やした。だが、市の負担は1回2500円、13回でも3万2500円に抑えた。国の予算措置の3割弱にとどまるが、「財政状況を考えたうえでのこと」とする。

 大阪府守口市は2回(1回平均6千円)だった助成を、4月から5回に増やした。1回あたりの助成額を2500円に抑えたため、助成総額は500円増の1万2500円にとどまる。市民からは「助成は14回ではないのか」といった問い合わせがあるという。市は「妊婦健診の重要性は分かっているが、市の財政状況が厳しい」と説明する。

 福岡県太宰府市は近隣の4市町と歩調を合わせ、4月から5回(1回平均6800円)を10回(同6712円)に増やした。14回への引き上げは検討課題だが、「財政的に厳しい。11年度以降に国の補助制度がどうなるのかも分からない」。

 厚生労働省母子保健課は「決定権は自治体にあるが、妊婦健診の重要性を理解し、取り組んでいただきたい」とする。4月1日現在の各自治体の実施状況を調査しており、5月にも発表する予定だ。

--------------------------------------------------------------------


さて、「さいたま市」はどうなっているかと思い、大宮区役所のHPを見てみました。ありがたいことに14回無料。今月から施行されたようですね。


--------------------------------------------------------------------
さいたま市大宮区 妊婦健康診査のご案内

 平成21年4月1日から、妊婦一般健康診査の公費負担回数を5回から14回に拡大します。
 また、超音波検査の公費負担回数は出産予定35歳以上に限らず1回から4回に拡大します。

--------------------------------------------------------------------
[PR]
by acure0038 | 2009-04-23 12:27 | 妊娠・出産

肉も魚も豆も。しかし肉は少なく!(タンパク質)

■たんぱく質は生殖活動に極めて重要な栄養素

 たんぱく質は20種類のアミノ酸が結びついて出来ています。食物では肉・魚・卵・大豆・乳製品等に豊富に含まれていますが、それらを食べてもたんぱく質をそのままの形では吸収できませんので、たんぱく質からペプチド、そして、アミノ酸へと消化し、体内に吸収します。この食べることで取り入れたアミノ酸(8種類の必須アミノ酸)と、人間の体内で合成されるアミノ酸とを材料にして、人間にとって必要な別の新しいたんぱく質に作りかえています。

 このようにして作られたたんぱく質で、筋肉やつめ、皮膚、臓器、髪の毛だけでなく、血液や酵素、インシュリン、脳下垂体ホルモン、さらには、免疫抗体、遺伝子などがつくられています。まさに、生殖活動に直接関わる重要な物質と言えます。

 ところで、20種類のアミノ酸の組み合わせで、3、4万種類のたんぱく質をつくっているのですが、食べて取り入れなければならない8種類の必須アミノ酸の体内バランスは、当然、その時々の食生活に左右されることになります。

 アミノ酸は、不足している種類があると、そのアミノ酸の量に合わせてでしかたんぱく質を合成できません。ですから、20種類のアミノ酸が、過不足なく、万遍無く揃っていることがとても大切になってきます。

 このことを「桶の理論」と呼ぶことがあります。桶を構成する板の中で短い板が1枚でもあると、その短い板の長さ分しか桶に水を入れることが出来ないということです。


■動物性たんぱくと植物性たんぱく

 さて、たんぱく質の食べ方と妊娠しやすさについて、疫学調査で、どのようなことがわかったのでしょうか。簡単に言うと、動物性たんぱく質をたくさん食べる人ほど妊娠しにくい、反対に、植物性たんぱく質をたくさん食べる人ほど、妊娠しやすい傾向があったといいます。

 毎日の平均たんぱく質摂取量によってグループに分けたところ、最も多く(平均115グラム)たんぱく質をとっていたグループは、最も少ない(平均77グラム)グループに比べて、排卵障害のリスクが41%高かったとのこと。

 そして、動物性たんぱく多くとるほど、排卵障害になりやすく、植物性たんぱくを多くとるほど、排卵障害になりにくいことが分かりました。

 つまり、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を、どちらか一方に偏りなく食べることが大切だいうことです。動物性たんぱくと植物性たんぱくをバランスよくということですね。


■アミノ酸の摂取バランス

 さまざまな役割を担うたんぱく質は、20種類のアミノ酸の組み合わせによって構成されるわけですから、生殖活動をはじめとする生命活動が円滑にすすむためには、アミノ酸を偏りなく、バランスよく摂取することが絶対条件です。

 アミノ酸の摂取バランスという観点からは、動物性たんぱくはアミノ酸スコアが高く、植物性たんぱくは低いものが多く、動物性たんぱくのほうが効率的に、アミノ酸全体を摂取できるということになります。また、人間の身体との親和性も動物性たんぱくのほうが高く、体内での利用効率も高いとされています。

 ですから、アミノ酸の摂取バランスという観点からいえば、牛肉や豚肉、鶏肉、魚など、いろいろな動物性たんぱく質を食べるということになります。


■たんぱく質と一緒に取り入れるものはさまざま

 ところが、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質では、たんぱく質以外に摂取する栄養成分がずいぶん違います。

 例えば、脂肪。動物性たんぱく質と一緒に摂取する脂肪は動物性脂肪で、飽和脂肪酸が多くなります。ただし、動物性たんぱく質でも魚からとる場合には、一緒に摂取する脂肪は必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸が多くなります。

 そして、植物性たんぱく質と一緒に摂取する脂肪は植物性脂肪です。

 また、微量栄養素やその他の成分はどうでしょう?特筆すべきは、大豆や豆、ナッツ類には、ビタミンやミネラル、食物繊維、さらには、植物性の生理活性成分が豊富なことです。動物性たんぱく質が豊富な食品よりも、植物性たんぱく質が豊富な食品のほうが、取り入れたいたんぱく質以外の栄養成分が圧倒的に豊富なのです。


■魚は積極的に食べるべし

 魚は良質なたんぱく源であるだけでなく、DHAやEPAといったオメガ3脂肪酸が豊富です。オメガ3脂肪酸は母親の胎盤を通して胎児に供給され、脳の発育に不可欠な役割を果たします。妊娠前から魚をよく食べる女性のお子さんほど、生まれてから知能的な発育が良好であること、また、知能だけでなく、アトピー性皮膚炎や小児ぜんそくなど、アレルギー疾患にかかる割合が低いことが報告されています。ただし、一部の魚には、水銀に汚染されているののもあり、妊娠前、妊娠中の女性にとっては要注意です。


■まとめ

 繰り返しになりますが、たんぱく質は生殖活動に直接関わる重要な栄養素です。たんぱく質が不足したり、アミノ酸バランスが悪くなると、生殖ホルモンの産生に支障をきたしたり、生殖プロセスを円滑に進行させる酵素が不足したりしかねません。ですから、まずは、良質なたんぱく質をしっかり食べること。基本中の基本です。基本が不安定であれば、その上に、いくら、せっせと、カラダづくりや不妊治療などを施しても、うまく働いてくれません。

 毎日、良質なたんぱく質をいろいろな食品から食べていれば、特定のアミノ酸だけをサプリメントでとる必要は全くありません。

 また、妊娠中、肉をまったく食べない食事健康法をされている方もいますが、胎児の成長に影響が出たり、早産のリスクが高まりますので、お肉も食べるようにしてくださいネ。








--------------------------------------------------------
            妊 娠 力 を 高 め る 食 事 法
--------------------------------------------------------

① トランス脂肪酸の摂取を避ける
② オリーブオイルやキャノーラオイル等の不飽和脂肪酸の摂取を増やす
③ 豆類やナッツのような植物性たんぱくを増やす
④ 無精製の穀物を食べる
⑤ 肉・卵・乳製品をなるべく減らす
⑥ 葉酸をはじめとするビタミンB群(Bコンプレックス)を摂取する
⑦ 野菜や果物、豆類、そして、サプリメントから鉄分を摂取する
⑧ 清涼飲料水(缶コーヒーや缶ジュース等)は避ける
⑨ 適正体重を維持する
⑩ 毎日、穏やかな(過激にならない)運動を続ける


妊娠しやすいカラダづくりより引用
[PR]
by acure0038 | 2009-04-16 18:43 | 妊娠しやすい体作り

脂肪は摂らない方がいい! わけじゃない

妊娠する力と脂肪の関係については、太り過ぎても、やせ過ぎても、妊娠しにくくなるリスクが大きくなることが、これまでのさまざまな研究報告で明らかになっています。

意外なことに、脂肪の総摂取量と排卵障害の関連性はみられないようです。

ところが、摂取する脂肪をその種類別にみてみると、トランス脂肪酸を多く摂取する女性ほど、排卵障害になるリスクが高くなるという明確な傾向があるというのです。

トランス脂肪酸とは、一言で言ってしまうと、「植物性油脂を人工的に加工した際に発生する、自然界には存在しない油脂のこと」です。具体的には以下のようなものに含まれています。

①マーガリン、ショートニング
②市販の大豆油、コーン油、米油、ナタネ油、綿実油など
③揚げ物、フライ、天ぷらなど
④パン、ケーキ、スナック菓子、ファーストフード、フライドポテト、ハンバーガー、ドーナッツ、冷凍食品など





ところで、なぜトランス脂肪酸を摂取することが、それほど悪いのでしょうか?

一般に言われているのは、トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化のリスクを高めるといわれています。

また、炎症を起こしやすくさせるため、アレルギー症状が強くなるといわれています。

さらに、胎児や乳児の発達に影響を及ぼしたり、認知症のリスクを高めるともいわれています。

そして、この油は他の油よりも太りやすくなるといわれています。それは、代謝に関係しているからです。

トランス脂肪酸はインスリンの効き目を悪化させるとのこと。インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に送り込む役割を果たしていますから、インスリンの効き目が悪くなると、スムースに代謝されなくなり、肥満傾向が強くなります。それぞれの細胞に対して、糖尿病のお薬と逆の作用があるようです。

当然、ホルモンバランスが悪くなり、排卵障害のリスクが高まることが理解できます。PCOSの原因の1つになっているかもしれません。




では、日常の食生活をどのようにすればよいのでしょうか?

トランス脂肪酸は、植物性油脂を人工的に加工する際に発生する悪玉脂肪酸なわけですから、簡単に言ってしまえば、加工食品やファーストフードは、極力、避けることです。マーガリンは、即刻やめるべきです。また、市販のマヨネーズやドレッシングは使わないのが無難です。

そして、スナック菓子や甘いものについては、必ず、使用原材料をチェックするようにしましょう。そこに、「ショートニング」とあれば、避けるのが無難です。




ここまでは、「トランス脂肪酸をなるべく減らしましょう」というお話でした。
次に、是非とも摂っておきたい脂肪というのがあります。それは 「オメガ3」 に属する油です。
要は、オメガ3とオメガ6をバランス良く摂りましょう (オメガ3を増やしてオメガ6を減らす)、ということなんですが、このへんわからなくても構いません。ポイントは下記の赤い字のところです。

○オメガ3系例
 ・αリノレン酸:亜麻仁、豆、菜種、カノーラ油、ナッツ類
 ・EPA(エイコサペンタエン酸):冷水に住む魚
 ・DHA(ドコサヘキサエン酸):魚

○オメガ6系列
 ・リノール酸:コーン油、大豆油、その他の植物油
 ・γリノレン酸:マツヨイグサ、黒スグリ
 ・アラキドン酸:肉、動物性脂肪、動物性食品


■週に2~3回以上、青魚を食べる
青魚には、オメガ3が豊富。青魚とは、背の青い回遊魚のことで、イワシ、サバ、ニシン、ブリ、カツオ、マグロ、サケなどです。

■積極的に摂りたい油
フラックスシード(亜麻の種)オイルには、オメガ3のαリノレン酸が豊富に含まれています。
また、ナッツ類をおやつにするとよいでしょう。

■リノール酸(オメガ6)の摂り過ぎに注意する
食用油には、脂肪酸の割合に注意する。ラベルをチェックして、オレイン酸が最も多く、リノール酸が最も少ないものを選ぶ。サフラワー油(べに花油)、コーン油は避け、オリーブオイルを使うのが無難。



ちなみに、ナッツ類はビタミンEや亜鉛、アルギニンも豊富なので男性にもオススメです。







--------------------------------------------------------
            妊 娠 力 を 高 め る 食 事 法
--------------------------------------------------------

① トランス脂肪酸の摂取を避ける
② オリーブオイルやキャノーラオイル等の不飽和脂肪酸の摂取を増やす
③ 豆類やナッツのような植物性たんぱくを増やす
④ 無精製の穀物を食べる
⑤ 肉・卵・乳製品をなるべく減らす
⑥ 葉酸をはじめとするビタミンB群(Bコンプレックス)を摂取する
⑦ 野菜や果物、豆類、そして、サプリメントから鉄分を摂取する
⑧ 清涼飲料水(缶コーヒーや缶ジュース等)は避ける
⑨ 適正体重を維持する
⑩ 毎日、穏やかな(過激にならない)運動を続ける


参考:妊カラ
[PR]
by acure0038 | 2009-04-13 20:37 | 妊娠しやすい体作り

白米より玄米がいい?!炭水化物と妊娠力

これから何回かに分けて、妊娠力高める食事法をご紹介したいと思います。
第1回目のテーマは 「炭水化物」 です。

たんぱく質や脂質とともに三大栄養素とされている炭水化物ですが、お米やパン、うどん、そば、砂糖などですね。
炭水化物はブドウ糖に消化、分解されて、細胞の主要なエネルギー源、特に、脳にとっては、唯一のエネルギー源になります。

ところが現代、ほとんどの炭水化物は精製したり、加工したりしており、炭水化物をエネルギーとするまでのメカニズムが悲鳴を上げています。
なぜなら、炭水化物を精製、加工すればするほど、ブドウ糖となって血液中に供給されるスピードが早くなるため、インスリンが混乱してしまうという事態が引き起こされてしまうからです。

このインスリンの混乱が、場合によっては、2型糖尿病のはじまりになったり、生殖ホルモンのアンバランスを招いてしまい、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因の一つになったりして、正常な卵の成熟や排卵に支障がきたす恐れがあるということです。


問題は血糖値の上がり方です。

野菜や果物、精製していない穀物から摂ると、食物繊維などが含まれるので消化に時間がかかるため、血糖値は、ゆっくりと上昇します。そうすると、ブドウ糖を細胞に送り込むことで、血糖値を下げる働きをするインスリンも、すい臓から、ゆっくりと分泌され、穏やかに血糖値が下降していきます。

ところが、精製、加工された炭水化物や砂糖は、血糖値を急激に上昇させるのです。そうなると、インスリンも大量に分泌されますから、今度は、血糖値がストンと下がってしまいます。

血糖値の急激な上昇、下降を繰り返しているうちに、インスリンの効き目が悪化するため、次第に、インスリン量が増えてしまうことになります。

インスリンの効き目が悪くなる(インスリン抵抗性)と、2型糖尿病のリスクが高くなるだけでなく、インスリン濃度が高い状態は、生殖ホルモンを混乱させます

一例として、高インスリン状態は、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを乱します。結果として、排卵しにくくさせたり、排卵を止めてしまいます。

これが、現代の食生活に特有の食べ方のせいで、血糖値を急上昇させることで、混乱したインスリンが生殖ホルモンのバランスを乱し、妊孕性を低下させるメカニズムです。


◎血糖値を上げない食べ方
・一度にたくさん食べないようにする
・ゆっくりとよく噛んで食べるようにする
・朝食を抜かないようにする
・朝食に血糖値の上がりにくい食事をするようにする
・空腹時に砂糖入りの甘いものを食べたり、飲んだりしないようにする
・糖質は先に食べない(野菜→たんぱく質→脂質→糖質)ようにする
・ネバネバしたもの、酢の物、食物繊維を一緒の食べるようにする
・甘いものは食前ではなく、食後に食べるようにする
・アルコールは飲み過ぎないようにする
・食事と食事の間隔はあけすぎないようにする

◎食品
・精製度の低い穀物(玄米、全粒粉パン、全粒粉パスタ)を食べるようにする
・ファーストフードはあまり食べないようにする
・砂糖は極力摂らないようにする
・清涼飲料水は飲まないようにする
・豆、野菜、果物、キノコ、海藻、を毎日食べるようにする
・砂糖の代わりに、ハチミツやメープルシロップを食べるようにする


※それぞれの食品の消化の要する時間の目安になるものとして、GI値があります。GI値が低い食品ほど血糖値があがりにくいとされています。





--------------------------------------------------------
            妊 娠 力 を 高 め る 食 事 法
--------------------------------------------------------

① トランス脂肪酸の摂取を避ける
② オリーブオイルやキャノーラオイル等の不飽和脂肪酸の摂取を増やす
③ 豆類やナッツのような植物性たんぱくを増やす
④ 無精製の穀物を食べる
⑤ 肉・卵・乳製品をなるべく減らす
⑥ 葉酸をはじめとするビタミンB群(Bコンプレックス)を摂取する
⑦ 野菜や果物、豆類、そして、サプリメントから鉄分を摂取する
⑧ 清涼飲料水(缶コーヒーや缶ジュース等)は避ける
⑨ 適正体重を維持する
⑩ 毎日、穏やかな(過激にならない)運動を続ける


参考:妊カラ
[PR]
by acure0038 | 2009-04-09 20:30 | 妊娠しやすい体作り