<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

排卵促進 新治療

最近、排卵させる治療の方法を変えて行っています。
それが予想をはるかに越えて好成績なんです!

一般の不妊治療患者さん の排卵期に、その治療法を行いますと、ごらんの通り一目瞭然の変化です。(実際のグラフをPC上に書き写しました)

まず見てほしいのは、低温期から高温期への移行部分です。かなりスムーズな排卵が促されたことがわかります。はっきり言って HCG注射 よりすごいです。と、私たちも驚いています(笑)

次に高温期を見てください。M字型(黄体機能不全)だったものが、かなり安定したグラフになっています。これはあとから気がついたことですが、しっかり排卵したことで、高温期の「もち」が良くなりました。思わぬ副産物です。

これがかなりの高確率で、9割以上の方々に適応できるというところも画期的です。

           before                           after
d0116847_1732541.gif



この治療法、思わぬ副産物がかなりあります。

というのは、まず無排卵・無月経の方に対して行うと、今までよりはるかに短期的に排卵・月経を促すことができるようになりました。個人的な感触では、従来の数倍の効果を得られているのではないでしょうか。
「数年ぶりの(自己)排卵」、 「数年ぶりの(自己)月経」 というのは、治療している我々も涙ちょちょぎれる想いです^^

また、多嚢胞性卵巣(PCO、PCOS)の方に対しても従来に比べて圧倒的な成績です。
一般的なPCOSに対する鍼灸治療では、インスリン抵抗性を改善することでPCOSを改善していこう、というのがもっとも広く行われている方法だと思います。
今回のこの治療法では、多数の未熟な卵胞でいっぱいいっぱいになった卵巣に対して、排卵を強烈に促すことで改善に導いているのではないかと思われます。
複数の卵胞は認められないけれども、ホルモン値(LH>FSH)の上でPCOSと言われている方にも同様に効果的です。

実はもう一つ、大きな効果が得られるのではないかと思っていますが、それについてはまだ確信が持てないので、確信が持てるようになりましたら、またブログに書いていきたいと思います。
[PR]
by acure0038 | 2009-05-09 18:43 | 妊娠しやすい体作り