<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

つわり

d0116847_17543853.gif
つわりのツボとしてもっとも有名なのは、「内関」というツボです。自分で指で押したり、皮内鍼という小さな鍼を貼り付けたりすることで、つわりが軽減するというデータもあります。
が、どうでしょう?声を大にしてみんなに勧めたい!というほどの効果は正直それほど・・・・

また、「裏内庭」というツボに灸をするというのもメジャーなやり方です。これは先ほどの内関よりも効果のある人は多いと思います。しかし、問題が2点。ひとつはお灸が熱いと言うこと(笑)もう一つは持続性に乏しいということです。

※ 東洋医学的診断にしたがってツボを選択していくというのが本来のあり方で、同じ症状でも使うツボは人によって違うものです。「この症状にはこのツボ」というのはある程度しか効果が期待できません。今はその「ある程度」の部分を取り上げて話を進めています。

つわりの原因は、妊娠したことでホルモンバランスが変わったということに体が順応できないことが原因だとされています。しかし、それだけでは「気持ち悪くてご飯が食べられない」「たびたび吐いてしまう」といったレベルのつわりにはならないと個人的には思います。

もし、ホルモンバランスの変化だけが原因のつわりであれば、「朝やお腹がすいたときだけ気持ち悪い」「気持ち悪いけどご飯は食べられる」「吐くまではいかない」という理想的な(笑)つわりになるのではないでしょうか。

つわりのもうひとつの原因として、横隔神経の興奮があるのではないかと思います。この横隔神経の興奮を抑えてあげる治療をすることで、内関や裏内庭、背中やお腹のツボ刺激よりもはるかに良い効果を上げることができます。持続性も高く、実用的です。


さて、自宅でつわりをやわらげる方法もあります。
ポイントとなるエリアが2つあります。①上背部(肩甲骨と肩甲骨の間)と、②みぞおちです。
どちらも蒸しタオルなどで温めてあげると楽になるはずです。また、上背部を旦那さんにさすってもらう、あるいは軽く揉んでもらうというのもよいです。
それぐらい協力してもらわなくてはいけません^^
[PR]
by acure0038 | 2009-06-23 20:09 | 妊娠・出産

セックスミネラル ~亜鉛~

亜鉛と言えば、男性不妊に不可欠なミネラルと思われがちですが、実は女性にとっても欠かせないミネラルなのです。亜鉛には以下のような作用があります。

・美肌効果があります。
・味覚を正常に保ちます。
・免疫力を向上します。
・精神状態を安定します。
・ホルモンを正常作用させます。
・有害金属を排出します。
・抜毛や育毛に効果があります。

亜鉛が不足すると、卵胞刺激ホルモン(FSH)と、黄体化ホルモン(LH)の合成と分泌が低下します。つまり、亜鉛不足では、女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)の分泌の低下と乱れを起こします。

その結果、卵巣の発育不全、血清エストロゲン濃度の低下、月経周期の乱れ(生理不順)、度々の流産、奇形の発生などが生じます。また、セレン不足では無生殖、胎盤の分泌閉止、流産を引き起こすことがあり、銅欠乏では、貧血、低体温を生じることが報告されています。(J.Nutrution,1996,Experientia,1994)



また、男性の亜鉛不足に関して以下のような実験が行われています。

デトロイトのウェイン・ステイト大学教授、プラサド医学博士が51歳から65歳までの、5人の健康な男性を対象に行った興味深い実験があります。完全な食事管理を行って、1日わずかに1ミリグラムの亜鉛不足の食事を6ケ月間続けました。(亜鉛の必要量は1日8ミリグラムから10ミリグラム)

その結果、5人中 4人の精子数が減少し、5人中 5人のテストステロン(男性ホルモン)量が低下しました。しかも精子数の減少した4人のうち3人は不妊点を下回る激減ぶりを見ました。その状態では当然ながら、被験者達はインポテンツを訴えました。

そこで正常な食事に戻し、さらに1日30ミリグラムの亜鉛を補った結果、5人が正常に復するのに、16週から20週要したと、プラサド医学博士は報告しています。



亜鉛の基本情報はこちら
亜鉛の効果を解説
ミネラルナビゲーション
[PR]
by acure0038 | 2009-06-02 17:20 | 妊娠しやすい体作り

不足しがちなミネラル ~マグネシウム~

マグネシウム(Mg)は、偏頭痛こむら返り精神の安定血圧の安定血液サラサラ作用などに関わるミネラルです。


マグネシウムの基本情報はこちら
マグネシウムの効果
ミネラルナビゲーション


女性の生理に関しては、マグネシウム不足が月経前症候群(PMS:生理前のイライラ・うつ・その他身体症状)に関わりがあるとされています。
PMSの症状のある方は、マグネシウムを意識して食事されてみてはいかがでしょうか?

マグネシウムを多く含む食品としては、ヒジキやワカメなどの海草類、ごまやアーモンドなどのナッツ類、などなど。
[PR]
by acure0038 | 2009-06-01 18:58 | 妊娠しやすい体作り