<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

臨時休診のお知らせ(畑瀬)

畑瀬先生が 3月23日(火)~25日(木) まで
臨時休診いたします。
ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。




3月26日
本日、復帰いたしました。
ご心配をおかけしました。
※3月30日まで午後診療のみ(畑瀬)
[PR]
by acure0038 | 2010-03-23 13:47 | その他

赤ちゃんの大きさ

妊娠初期のころって、(妊娠週数に対する)胎のうの大きさとか気になりますよね。
病院の先生に○○cmですねって言われたり、もらったエコー写真に大きさの数字が書いてあったり。
エコー写真に書いてあるGSってのが胎のうのことです。
下のグラフと見比べてみてください。
だいたいグラフと同じですか?
少し小さめですか?
小さめの方でも、そのまま順調に育てば、妊娠9週のころの大きさを見て出産予定日が修正されます。
d0116847_19394238.gif












また、こんなかわいらしい表現もあります。これは重さの話ですが、
妊娠7週  さくらんぼ1個ぐらいの重さ
妊娠11週  いちご1個ぐらいの重さ
妊娠15週  レモン1個ぐらいの重さ
妊娠5ヶ月  オレンジ1個ぐらいの重さ
妊娠6ヶ月  メロン中1個ぐらいの重さ
妊娠7ヶ月  キャベツ1個ぐらいの重さ
妊娠8ヶ月  かぼちゃ1個ぐらいの重さ
妊娠9ヶ月  パイナップル中1個ぐらいの重さ
妊娠10ヶ月  スイカ中1個ぐらいの重さ
[PR]
by acure0038 | 2010-03-19 20:10 | 妊娠・出産

妊娠中の食生活と子どものアレルギー体質との関係

妊娠中に緑黄色野菜や柑橘系くだもの、抗酸化物質を豊富に食べると、
子どものぜんそくや湿疹などのアレルギーを予防する効果があることが、
福岡大学医学部の研究者らのチームの実施した試験で明らかになりました。

763組の日本人の母親と子ども(生後16~24ヶ月)を対象に、
妊娠中の食事内容についてのアンケートを実施し、
子どもの健康状態との関連性を調べました。

その結果、妊娠中に緑黄色野菜や柑橘系くだもの、ベータカロチンの摂取量の多い母親の子どもは、湿疹にかかるリスクが、それぞれ、59%、47%、48%低く、
妊娠中のビタミンEの摂取量の多い母親の子どもは、小児ぜんそくを発症するリスクが46%低いことが分かりました。

このことから、妊娠中に緑黄色野菜や柑橘系くだもの、ベータカロチン、ビタミンEを多く摂取することは、子どもの湿疹やぜんそくなどのアレルギーの予防になるのではないかと結論づけています。

「妊娠しやすいカラダづくり」より


このほかにも、妊娠中、糖分を摂りすぎると子供がアトピーになりやすいなどと言われています。
[PR]
by acure0038 | 2010-03-01 10:41 | 妊娠しやすい体作り