<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

爪甲診

も卵巣機能を診る上での診察ポイントのひとつです。

東洋医学ではもともと「爪甲診」という診察法のひとつで、
五臓六腑や経絡、気血の状態を診ます。

その中で、卵巣機能を計るのによく見るのが足の小指親指です。
縦スジ横スジが入っていたり、二枚爪になっていたり。
もちろんこれだけでどうこうということはありません。
情報のひとつとして診察に役立てるわけです。
d0116847_1923656.jpg

[PR]
by acure0038 | 2013-05-29 19:12 | 妊娠しやすい体作り

「産後ケアセンター」を全国で整備

産後の母子、施設でケア…新米ママの不安緩和

 政府は、これまで手薄だった出産時の支援を強化するため、出産直後の母子を宿泊日帰りで受け入れる「産後ケアセンター」を全国で整備する。

 核家族化で実家に頼れない妊産婦が増えるなか、出産で疲弊した母親の心身のケアや授乳支援などを行い、子育てのスタート期を応援するのが狙い。6月にまとめる「経済財政改革の基本方針(骨太の方針)」に盛り込み、来年度はモデル事業に取り組む。

 「産後ケアセンター」には助産師らが常駐し、産後の母体の回復や赤ちゃんの健康チェック、もく浴や抱き方などの指導や育児相談も行う。

 多世代同居が減り、産後に頼る人のない母親が増えている一方、出産時の入院期間は産科医不足のため以前の1週間から4、5日が一般化している。

 授乳にも慣れないまま退院し、育児不安や過労により、出産後に1割が産後うつを発症しているとされる。虐待に発展したり第2子以降の出産を困難にしたりするケースもあり、産後ケアの必要性が指摘されていた。

(2013年5月27日 読売新聞)
[PR]
by acure0038 | 2013-05-27 18:42 | 妊娠・出産

乳製品の摂取と精子の質や生殖ホルモンとの関係

食生活の全体のパターンに関わりなく、全脂肪の乳製品、特にチーズをよく食べる男性ほど正常精子形態率が低いことがアメリカのハーバード公衆衛生大学院の研究でわかりました。

試験は、2009年から2010年にかけて実施された18から22才の健康な男性のライフスタイルと精液検査の結果との関係を調べた「ロチェスターヤングメンズスタディー」の参加者を対象に、食物摂取頻度調査から得られた乳製品の摂取状況と精子濃度や総精子数、運動率、形態率との関係を調べました。

その結果、トータルの乳製品の摂取量が多い男性ほど正常精子形態率が低く、それは低脂肪ではなく、全脂肪の乳製品との関連であることがわかりました。

乳製品の摂取量別に4つのグループに分けたところ、1日あたりの乳製品の摂取量が最も少ない(0-1.65serving/day)グループの男性の正常精子形態率は平均10.0%で、2番目に少ない(1.67-2.96)グループの男性は8.9%、3番目に少ない(2.98-4.29)グループの男性は7.7%、そして、最も多い(4.33-13.26)グループの男性は7.5%でした。

また、乳製品の摂取量が多いほど、精子濃度や精子数が少なくなる傾向がみられました。

さらに、乳製品の摂取量と生殖ホルモンの関係を調べたところ、摂取量が多い男性ほどFSHが高く、特に、精液検査の検査項目で1項目でも基準値を下回っていた男性ほど、その関連が強くみられました。


(記事中のコメント抜粋)
「対象となった男性はどれくらいの乳製品を食べていたかと言うと、最も少なかったグループで、ゼロから1.65serving、最も多かったグループで4.33-13.26servingです。「serving」というのは「一食分として食べる量」という意味なのですが、乳製品の場合は牛乳でコップ半分、チーズで1かけ、スライスチーズで1枚、ヨーグルトで1パックです。ですから、好きな人にとっては、毎日、5servingくらい食べている男性も少なくないかもしれません。

因みに日本の農林水産省の食事バランスガイドでは乳製品の1日の摂取量は2servingとなっていますから、今回の研究では2番目に少ないグループになります。

研究グループは乳製品のなにを問題視しているかと言うと、女性ホルモンが含まれていることです。そして、今回の研究では乳製品をよく食べる男性ほど、FSHが高く、特に、精液検査で数値が悪かった男性ほど、その関連が強かったとのことですから、もしかしたら、牛乳などに含まれているエストロゲンが悪さを働いている可能性は否定できないとしています。」

妊娠しやすいカラダづくり より


関連記事:乳製品がホルモンバランスを崩す!?
[PR]
by acure0038 | 2013-05-25 15:59 | 妊娠しやすい体作り

「卵子バンク」スタート

卵子仲介、3人に提供へ…NPO法人国内初

 性染色体の異常などにより自分の卵子で妊娠できない女性を対象に、第三者の卵子提供を仲介するNPO法人「卵子提供登録支援団体(OD―NET)」(神戸市)が13日、東京都内で記者会見し、患者3人に卵子を提供することが決まったと発表した。

 国内では一部医療機関が、姉妹や知人から卵子の提供を受けて治療を実施しているが、仲介団体による第三者の卵子のあっせんは初めてのケースだ。

 同NPO法人は、医師や患者の支援者などで構成。1月以降、すでに子どものいる35歳未満を対象に、無償での卵子提供を募ったところ、100人以上から問い合わせがあり、42人が申し込んだ。このうち血液検査などを経て9人を第1弾の提供者として登録した。さらにターナー症候群などの病気で卵子がない待機患者13人のうち、年齢や不妊治療歴などを基準に3人を選んだ。

 提供者はいずれも、生まれた子どもが15歳になった時点で、希望すれば住所や氏名などが子どもに開示される条件を承諾した。

 治療は、不妊治療クリニック団体「JISART(日本生殖補助医療標準化機関)」加盟の国内3施設で行われる。各施設の倫理委員会での審議を経て、早ければ年内にも提供者の卵子の採取や体外受精に入る見通しだ。

(2013年5月14日 読売新聞)
[PR]
by acure0038 | 2013-05-23 18:51 | 妊娠しやすい体作り

フォトブック

最近、デジカメで撮った写真の整理をしております。
整理した写真はフォトブックに。

今、利用しているところが TOLOT というところなのですが、
1冊つくるのに500円というお手軽さ!
PCでも、スマホからでも作れます。

文庫本サイズ(A6)62ページついているので、
単純に62枚の写真がフォトブックにできるのですが、
自分で加工すれば1ページにつき写真が2枚でも3枚でもかまいません。

とりあえず最初の1冊は半額の250円なので、試しにいかがですか?
http://tolot.com/
d0116847_17242510.jpg

[PR]
by acure0038 | 2013-05-18 17:29 | その他

妊娠中やっておけばよかったランキング

妊娠中やってよかったランキング

1位  夫婦2人でお泊まり旅行
2位  豪華ディナーでグルメデート
3位  編み物や裁縫にチャレンジ!
4位  仕事を忘れてのんびり
5位  読書や調べものに没頭
6位  元気なベビーのために運動
    映画・コンサートを楽しむ
8位  友達と思う存分遊ぶ
    資格取得・習い事に励む
10位  夫婦でパパ・ママになる準備


妊娠中やっておけばよかったランキング

1位 産後に備えて資格取得
2位  エクササイズで健康維持
3位  気になる有名店で外食
4位  夫婦2人で旅行
5位  ベビーグッズを手作り
6位  夫婦の時間を過ごす
7位  片付け&掃除をしておく
8位  出産・育児の情報集め
    映画・コンサートに出かける
10位  妊娠出産のメモリアルを残す

チビタスより)

どちらも似たり寄ったりですが、共感できるのもありますね。
「資格取得」とは思いつきませんでした(笑)
[PR]
by acure0038 | 2013-05-11 17:58 | 妊娠・出産