舌診

中医学(中国医学)で診療する治療院では必ず「舌」をチェックされます。
当院でも100%の患者さんに舌のチェックを行います。

では、舌で何を診ているのか?
今日はそれを少し紹介したいと思います。

舌の色・形、苔の色・状態、舌の裏の血管の状態などを見ています。
さらに、舌は部分によって内臓の状態がわかるのです。
d0116847_16125885.gif

健康な人の舌というのは、このような色、形、苔をしています。↓↓↓
d0116847_1614248.jpg

これよりも色が白かったり赤かったりすると、
白い・・・「寒」、体が冷えている
赤い・・・「熱」、体が熱っぽい
などという判断材料になります。

また、このように苔が厚いと、実邪(老廃物)が溜まってるな、ということになります。↓↓↓
d0116847_16242783.jpg

例えば、「胃」の弱ってる人などは、舌の真ん中あたりの苔が薄かったり、はげていたりします。

あと、よく見られるのが「紅刺(紅点)」です。↓↓↓
もっともよく見られるのは舌の先っぽに赤い点々がある人です。これも「熱」を表すのですが、「気逆」と言って、気がのぼってばかりで、上半身や頭に気が偏って熱がたまったりします。更年期障害などで見られる「冷えのぼせ」は、まさにその状態です。昔から健康の秘訣として、「頭寒足熱」なんて言ったりしますよね。頭を冷やして、足を温める。
d0116847_16292726.jpg

女性にとって特に重要なのが舌の裏の血管。「舌下静脈」と言います。
d0116847_16395456.jpg

黒っぽい血管が見えますよね。「お血」といって、血が滞っていることがわかります。
例えば、月経時にレバー状の血の塊が出る方は、必ず青黒いスジが見えると思います。


どうですか?今日は少し長くなってしまいました。
「さわり」だけですが、こんな感じで、「舌」のチェックをしています。
今日はちょっと鏡で自分の舌を見てみたくなったでしょ?(歯を磨く前に見てね)



アキュア鍼灸院
http://acure0038.com/
[PR]
by acure0038 | 2007-05-09 16:49 | 中医学(中国医学)
<< めまい 三陰交(ツボ)について >>