「声が出ない!」

おもしろい症状の患者さんがいらっしゃいました。プププッ
いや、笑い事ではありません。
ご本人は大変です。

嗄声(させい)という症状で、訓読みすると「しわがれ声」です。
「しゃがれ声」なんて言い方もしますよね。

風邪を引いたあと、声が出せなくなってしまったそうで、
「風邪を引いたとき多少声が出なくなった」という経験は、多くの方がお持ちだと思いますが、
この方の場合、一時は声が出なくなってしまったらしく、そうなると「失声症」、
読んで字の如く「声が出せない」ところまで悪化しました。

感冒に由来する急性症状なので、そう難しくはありません。
感冒の処置をしつつ、「洪音」・「増音」という奇穴(きけつ:通常定められたツボ以外のツボ)に
鍼をしました。

1回目の治療後(昨日)、波打った声ながらも出るようになり、
2回目の治療後(今日)、さらによく声が出るようになったそうです。
さてさて、明日3回目の治療でどれだけの美声を聞かせてくれるのか楽しみです(笑)

※↑ご本人の了解を取って書いています
[PR]
by acure0038 | 2007-06-06 23:51 | 嗄声・失声症
<< 周期療法について 開業して1ヶ月が過ぎました >>